キャンプ旅に行こう 管理人の持っている各種ストーブを紹介しています。
ホーム > ノウハウ・キャンプ編 > 管理人のキャンプ道具・ストーブ

管理人のキャンプ道具・ストーブ

ガスストーブ

キャプテンスタッグ オーリック小型ガスバーナーコンロ

キャプテンスタッグ オーリック小型ガスバーナーコンロメインストーブとして使用。アウトドア用ガスボンベを使う場合はもちろん、「その他」で紹介している「555」と組み合わせてカセットボンベで使う場合も多し。

乗せるコッフェルの大きさによってゴトグの大きさが2段階に変えられる以外、特に特徴の無いストーブですが、こういうシンプルなのが一番使いやすいのも確か。

バーナー部は炎が広い範囲に出るタイプで、小さめで底が丸いコッフェルだと炎が側面に回りこんで火力ロスが若干大きくなるのが難点。

サウスフィールド トレッキングバーナー

ロングツーリング用として使用。写真ではアウトドア用ガスボンベに装着してますが、実際は「555」と組み合わせて使う場合が多し。

手前に置いてあるのが収納ケース。

イワタニ ジュニアバーナー

イワタニ ジュニアバーナーとにかく取り扱いが楽。初心者でも使い方がわからないと言う事はまず無いでしょう。実は出番が最も多いのがこれだったりします。

ピンポイント的加熱なので、特にチタンコッフェルを使う場合は注意が必要。また、ノーマルガスのカセットボンベを使っている場合、冷え込むと火力が大きく落ち込むのが難点。

ガソリンストーブ

スノーピーク ギガパワーWGストーブ

スノーピーク ギガパワーWGストーブもっぱら寒い季節のキャンプで使用。火力が強力で、寒い季節でもあっという間にお湯を沸かせられます。風に強いのも長所。

ただし組み立て&分解に少々手間がかかるのと、コックが2箇所(オン・オフ用と微調整用)あって、点火&消火操作が面倒なのが難点。

またタンクにガソリンを入れすぎた場合や使用後にタンク内の圧抜きをしてから寝ないと、ポンプ部からガソリン漏れを起こすので注意が必要。

コールマン スポーツスターU

コールマン スポーツスター2秋から早春にかけて使うつもりで購入したお馴染みのガソリンストーブ。少々嵩張りますが、寒い時期の火力はさすがガソリン。冬キャンプで重宝してます。

ケースから出すだけで組み立てる必要が無いので、冷え込む季節はこちらの出番が多いです。

火力は上のギガパワーストーブに比べて落ちますが、特に問題の無いレベル。取り扱い・操作・メンテナンス(バーナー部の分解清掃)も楽な部類です。値段も比較的安くて(5000〜6000円前後)手に入りやすいです。

ただ、あまり重い鍋を載せて使っていると、ガソリンが漏れるようになる事があるので注意。変な所から火が出て慌てる事になります(^_^;)

カセットコンロ

イワタニカセットフー Jr.シリーズ

イワタニ カセットフージュニアいわゆるカセットコンロですが本体の大きさがB5サイズで、専用の小型カセットボンベのほかに普通のカセットボンベも使えるのがミソ。少々風に弱いので防風板は必需品になります。火力は弱い(1800kcal)ですが、割り切って使えば結構便利。

写真のものは「OD(アウトドア) Jr.」。既に絶版みたいですが、基本スペックが同じで何種類かバリエーションがあります。


道具の選び方 管理人のキャンプ道具 キャンプ場にて
テント
マット
シュラフ
ストーブ
ランタン
コッフェル
テーブル&椅子
テント
マット
シュラフ
・ ストーブ
ランタン
その他
サイトの選び方
各種小技編


アウトドア&スポーツ ナチュラム

リンク

ホーム
ノウハウ・キャンプ編TOP

コンテンツ内リンク

道具の選び方
 ・テント
 ・マット
 ・シュラフ
 ・ストーブ
 ・ランタン
 ・コッフェル
 ・テーブル&椅子


管理人のキャンプ道具
 ・テント
 ・マット
 ・シュラフ
 ・ストーブ
 ・ランタン
 ・その他


キャンプ場にて
 ・サイトの選び方
 ・各種小技編



▲ページ先頭に戻る